FC2ブログ

トランプさんと虎つながりのウッズの事

タイガーウッズの事故でトランプさんがコメントをしていて
(もしかして)と思っていたら
今朝になってウッズの操作ミスではない、とその言葉だけテレビから聞こえたので
やっぱりただの事故じゃないと確信しました。

そうしたらマリさんがこの件について記事をupしていました。

「QAnon/タイガーウッズはやはりホワイトハット!」



ウッズの事故はDS側の人間に仕組まれたもので
彼はホワイトハットです。



DSの最後の悪あがきに
これ以上巻き込まれる人がいませんように。。。



ポチッと応援宜しくお願いしますw


テーマ : 普通に生きていて起こった出来事たち
ジャンル :

イスラエルがワクチン接種一番乗りの理由

「迅速なワクチン接種、効果は? イスラエル、製薬会社と協力」

―世界でワクチン不足が指摘される中、なぜ素早い対応が可能なのか。

米ファイザー社が開発したワクチンが大量に提供された上、
HMOを通じた国民の健康情報管理が徹底しているためだ。
HMOのデータを活用することで、
年齢や基礎疾患の有無などから判断する接種対象者の振り分けを
スムーズに行うことができる。

また、イスラエルは優先的なワクチン供給の見返りとして、
HMOに蓄積される接種者の健康状況などに関するデータを
ファイザーに提供することに同意した。
これに関しては、識者から
「接種者の同意を得ることなく情報提供が行われている」と
懸念する声も出ている。




「コロナワクチン接種“世界最速”の裏でイスラエルが抱く悩み」

これほど迅速なワクチン接種が進んだ背景には、
ファイザー製薬(本社米国)に対して
ワクチン接種に関するデータ提供を行なうことで
十分なワクチン供給が行われたからだと言われている。
人口が比較的少なく、男女ともに兵役の経験があり、
「自らが所属する共同社会のルールには従う」という習慣が強いユダヤ人の特性も、
順調なワクチン接種とデータ提供に向いていたのだと考えられる。

昨年、自身の汚職問題で刑事裁判にかけられたネタニヤフ首相が、
早急なワクチン接種による感染率低下を成果としてアピールし、
3月に控えた総選挙に向けての巻き返しを狙う思惑もあったのだろう。
エルサレムに住む旧知のユダヤ人は、
「ネタニヤフは国内政治の天才。
だからワクチンを選挙向けに使うことぐらいやりかねない」と皮肉った。





つまり
国民のためじゃない。



ポチッと応援宜しくお願いしますw


テーマ : 普通に生きていて起こった出来事たち
ジャンル :

米軍の1/3がワクチソ拒否する

「アメリカ軍兵士の1/3がコロナワクチンの接種を
          『拒否』していることが公式に確認される」



ファイザーとモデルナによって製造されたワクチンは、
アメリカ食品医薬品局(FDA)によって正式には承認されておらず、
緊急時にのみ使用を認可されているものであるため、
国防総省が、軍人や職員たちにこのワクチンの受け入れを
義務付けることはできないとも述べた。



ファイザー社製とモデルナ社製のワクチンは
「mRNA」という新しいタイプのワクチンです。
これが正式に承認されていないから
これまで従うしかなかった軍人が拒否できるってのも作戦です。

トランプさんに仕える軍人であれば
ワクチソが必要ないことや既存薬で治療できることも周知されています。



ポチッと応援宜しくお願いしますw


テーマ : 普通に生きていて起こった出来事たち
ジャンル :

豪の英断にDSの状態を確認する世界の要人

「豪Facebookの元CEO 
  ユーザーにアプリの削除を呼びかける  閲覧制限を受けて」



フェイスブックは18日、オーストラリアのニュースサイトを全てブロックした。
これは、同社とグーグルが豪メディアに記事使用料を支払うことを義務付ける
豪政府の法案への対抗措置だとみられる。
同社によると、ユーザーが閲覧するコンテンツのうち、
ニュースが占める割合は4%未満だが、同社は昨年、
豪メディアに約3億1500万ドルの売り上げをもたらしたと主張した。

オーストラリアではニュース以外のページも大量にブロックされた。
これには慈善団体、政府、公共サービス、中小企業など、
ニュースコンテンツを扱わない多くのページが含まれる。

(中略)

オーストラリアのモリソン首相はメディアに対して、
インドのモディ首相、カナダのトルドー首相、フランスのマクロン大統領、
英国のジョンソン首相と会談したと話し、
オーストラリアが行っていることに
世界中から多くの関心が寄せられている
」と述べた。

デビッド・シシリン米下院議員(民主党・ロードアイランド州)は
19日の声明で、「一握りのネットの門番による支配が競争を破壊し、
イノベーションを抑圧し、起業家精神を弱体化させた」と述べた。
同議員は「オンラインでの競争を回復させる」法案を通すと約束した。




印加仏英のトップらはDSが今どのような状態にあるのか気になっています。
豪がビッグテック&中国と戦う姿勢を前面に表明してから
メディアに出てこない裏情報があるかモリソン首相に訊きました。
DSからの攻撃がどのようなものか
DS駆除が進んでいるのか
彼らの状態がどうか(死に体なのかno、タヒんでいるのかyes)
確かめました。

コメントをした米下院議員のようにDSの下っ端小者はまだ粋がっていますが
それは事実を知らされておらず現状を分かっていないからです。

すでにDS組織は機能していません。


ポチッと応援宜しくお願いしますw

テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

水道の民営化

2019年の記事とちょいと古いが暗澹とする話。
「宮城県、水道3事業の運営権を売却へ 国内で初めて」

宮城県議会は17日(2019年12月)、
同県の水道事業の運営権を民間企業に売却する「コンセッション方式」を
導入する条例改正案を賛成多数で可決した。
上水道、下水道、工業用水の3事業を対象とするコンセッションは全国初。
人口減や施設の老朽化が進む中、民間ノウハウでコストを削減し、
将来的な水道料金の値上げを抑える。
宮城県は2022年4月から導入する方針だ。



「コンセッション」を分かりやすく説明しているのがこれ↓
「水道『コンセッション』方式、国内1号が年内誕生か」(2019年12月4日)



2015年にイタリアへ行った時にイタリア人女性が
Φ国人が水源の土地を買い漁っている
Φ国人に乗っ取られる、非常に怖い、と言っているのを聞いた。
当時既にΦ国人が世界の水源地を買っているとも。

それまで水質は気にしていたけれど
水源地を外国人に買われる恐ろしさを考えてこなかったが
自治体が管理し供給してきた(一応)安心・安全な水が
民間が入ることでも、これから先どうなるか分かったもんじゃない。


記事内にある表がこれ↓
*業務委託   民間事業者が使用発注書に基づき運営   自治体が最終責任
*コンセッション  民間事業者が自由裁量で運営  自治体が最終責任

自由裁量で責任が自治体にある!
自治体が事業者を管理できるのか、情報公開できるのか
疑問しか湧かない。



これは
日本乗っ取り作戦の一つ。
Φ国人資本の事業者が入り込んでくる。
改悪した水が供給される前に何とかできる可能性はある。



ポチッと応援宜しくお願いしますw




テーマ : 普通に生きていて起こった出来事たち
ジャンル :

ウイグルのジェノサイド問題から五輪中止の流れ

一連の流れは以下通りでした。


1/26
「政府、中国のウイグル弾圧を『ジェノサイドとは認めず』
       米国務省認定と相違」


        ↓

   日本政府は何やってんだ!とネットで炎上し始める
 
         ↓
    火消しに

1/30  「三也上彰のニュースうそだったのか」利用

         ↓

  三也上で大炎上  在日組織でもどうやっても取り繕えない

         ↓
 
2/3  森元首相の発言を切り取り投入  組織一丸となって炎上させる

         ↓
2/11 森元首相が会長辞任


2022年の冬季北京五輪を何が何でも開催したいので
ウイグル自治区のジェノサイド問題から注目をそらすことに成功。
 
尚且つ東京五輪を中止にすると日本が言うように仕向けている。 ⇐ 今ここ
そうすれば違約金を日本が払わねばならないから。
武漢ウイルスで日本を陥れた♪と歓喜する予定です。 



すでにオリンピック公式Twitterのトップ画面は
2022年北京五輪になっている。

国際オリンピック委員会は東京五輪開催は無いと考えているが
日本がそう言ってくるのを待っている。



ポチッと応援宜しくお願いしますw


テーマ : 普通に生きていて起こった出来事たち
ジャンル :

鎌らハりス

「ハリス氏が外国首脳らと電話会談『奇妙なこと』との指摘も」

カマラ・ハリス副大統領は最近、複数の外国首脳と電話会談した。
これは通常、大統領が行う任務であるため、
同氏が外交に積極的に関わっていくとの分析がある一方、
「奇妙なことだ」と指摘する声もある。

(中略)

副大統領が国家元首と電話会談することは稀である。
ペンス前副大統領は、トルドー首相やマクロン大統領とは電話会談を行わなかった。

ハリス氏の電話会談は保守派から注目を集めた。
イギリスの新興メディア「ナショナル・パルス(National Pulse)」は、
「新政権が発足してわずか数週間で、
副大統領が主要な世界の指導者たちと接触するのは奇妙なことだ」と伝えた。



呆けたハ”イデソを病気だからとか何とか理由を付けて退かせ、
副大統領のハりスが大統領になり、初の女性大統領を誕生させるという
表向きはDSのシナリオ通りに彼女は演じ続けています。

鎌らハりスは現地時間2021年1月21日(似非就任式の翌日)に逮捕され
その後処Kされており、既に魂は消滅しています。
今いるのはク口ーンです。

記事によると電話会談した外国首脳とは
仏のマク口ン大統領と加のトノレドー首相で
ハりスが彼らに伝えたのは
「下手なことをすると、次に処刑されるのはお前だぞ~」などと言った。

つまり彼らはDS一掃作戦を指揮するトランプさん側に渋々嫌々付いているので
ダメ押しの牽制しているのです。




ポチッと応援宜しくお願いしますw


テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

プロフィール

 りか

Author: りか

ロッド鑑定いたします
あなたが知りたい事をロッドで解明します。夢や不思議現象、迷っている事などなんでも鑑定いたします。詳細は「鑑定メニュー」「依頼方法」をご覧ください。
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR