FC2ブログ

電磁波攻撃

「謎の脳損傷、米外交官ら130人以上 欧州、アジアでも確認 NYタイムズ」

キューバや中国に駐在していた米外交官らが脳に損傷を受ける事例が
2016年から相次いでいる問題で、
被害者の数はこれまで知られていた約60人よりはるかに多い
130人以上に上ると報じた。

(中略)

中央情報局(CIA)や国防総省の職員らも被害を受けた。
19年には外国で勤務する米軍当局者が運転する車が
交差点に差し掛かったところ、吐き気と頭痛に襲われ、
後部座席にいた2歳の息子が泣きだしたが、
交差点から離れると吐き気は収まった。


これは米国人だけが狙われているのでなく何処でも起きていること。
「24時間、人の声が聞こえる」と同じ。

日本では「エレクトロニック・ハラスメント」は馴染みのない言葉だ。
しかし、中国当局は、
幹部らの汚職行為を告発した一般市民への報復措置として、
これらの非致死性兵器を使って精神的な苦痛を与えている。

エレクトロニック・ハラスメントとは、電磁波や超音波などを使い、
対象者に内部障害、精神疾患と同様の症状を発病させる
非致死性兵器の一種とされる。
電磁波攻撃、マイクロ波聴覚効果、
聴覚を介さないボイス・トゥ・スカル(V2K、脳内音声)技術などが使用される。


非致死性兵器というが脳を損傷し使い方によっては■すことも可能。

記事は「エレクトロニック・ハラスメントの兵器的な目的は、
敵の肉体を消滅させるのではなく、敵の意志を制御することだ。
これは、戦争で勝つ方法は
『破滅させる』から『操って支配する』に変わったことを意味する。
しかも、新しいエレクトロニック・ハラスメント技術では、
人間の脳にチップを埋め込む必要がなく、
電磁波、光線、音波、匂いなどを媒体にできる」という。



すでにこの技術はΦ国だけでなく米にもあるしΘ本にもあって
戦争は戦地で起きているのではなく私たちの日常で起きている。



ポチッと応援宜しくお願いしますw


テーマ : 普通に生きていて起こった出来事たち
ジャンル :

コメント

§ Θ本

記事内容と全然関係ないが、Θ本はいいアイディアだ。
私も使おうw

§ Re: Θ本

どうぞどうぞ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 りか

Author: りか

ロッド鑑定いたします
あなたが知りたい事をロッドで解明します。夢や不思議現象、迷っている事などなんでも鑑定いたします。詳細は「鑑定メニュー」「依頼方法」をご覧ください。
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR