FC2ブログ

人体解剖図集

2月か3月だったか衝動買いした本がこれ。

9784756253385-610x794.jpg

正確にはこれ図鑑と言わないのだが、
私的には図鑑並みに
視覚で解剖図の変遷が分かる歴史書みたいな図集。

人体内部を詳細に芸術的に見せてくれる。
骨格がポーズをとっていたり、宗教画のようであるのは
記録したのが正確に詳細を描ける芸術家(解剖画家という職業もあった!)
託されていたからだろうが解説を読まなくても楽しめる。

もちろん解説を読んでも面白いです。
たとえば、これ↓

「何世紀もの間、解剖に使用された死体の大部分が
死刑囚のものであった。
そのため、図には教訓的な要素も加わっている」

「16世紀以降、解剖は金を払った公衆のため
いわゆる『解剖劇場』の中で行われることが多くなった。
ときには、カーニバルの催しの一部とされることすらあった」


解剖を見せるのが商売になるのだから
お金を払ってでも見たい人がそこそこいたのでしょう。
障碍者を見世物としていたことなどと同じなのかな、
その感覚は分からないが、そういう時代や国民性ってことか。


上の解説は
現代人体解剖の創始者といわれる「アンドレアス・ヴェサリウス」が出版した
解剖書のとある図についてです。


この本の詳細はここ「世界の人体解剖図集」にあります。


ポチッと応援宜しくお願いしますw



テーマ : ぼそりと独り言
ジャンル :

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 りか

Author: りか

ロッド鑑定いたします
あなたが知りたい事をロッドで解明します。夢や不思議現象、迷っている事などなんでも鑑定いたします。詳細は「鑑定メニュー」「依頼方法」をご覧ください。
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR