FC2ブログ

英女王の葬儀計画「ロンドン橋作戦」

「エリザベス英女王の葬儀計画明らかに=『ロンドン橋作戦』リーク物議」

エリザベス英女王(95)の死去に備え、
政府が準備している国葬までの行動計画の詳細が一部で報じられ、
騒ぎとなっている。
「ロンドン橋作戦」の暗号名を持つ極秘計画の全容が明らかになったのは初めて。



ロンドン橋という暗号名は意味深です。
現在のロンドン橋が女王が開通式を行ったので縁があるとも言えますが
マザーグースの童謡でもあるように何度も落ちている橋です。




昔は人柱を立て(若い女性を生贄にし)
工事の安全や橋が壊れないよう祈っていましたし
エリザべス1世が反逆者の首をはね橋に置いていました。

そんな曰く付きの橋が童謡になり「橋が落ちた」としつこく繰り返すのは
鎮魂の意味が大きいです。
たくさんの人が犠牲になったことを忘れないようにするため
また童謡にすることでさりげなーく
政府や王室そして上流階級を批判しています。


戻って、エリザベス女王の葬儀計画が「ロンドン橋作戦」というのは
英国の象徴である女王の死去=英国の名所ロンドン橋が落ちる、であるからです。

その作戦が今、表に出たということは
彼女が亡くなっていることを伝えるためです。
英国内外へのメッセージです。

最近亡くなったのではなく
分かる人には分かるように伝えることを決めたのが先月です。


ちなみに記事にある女王の画像は本人ではありません。

フェイクといえば
ロンドン(CNN)英テレビ放送局チャンネル4が去年
偽女王のクリスマス演説を放送しました。

「『ディープフェイク』の英女王が演説、ダンスも 偽情報に警鐘」

本物の女王による午後3時の演説に続き、
デジタル生成した偽の女王の演説がチャンネル4で放送された。
声は役者が担当し、
「私たちが見聞きするものが常に見た目通りのものなのか」
疑ってかかるよう視聴者に注意を促した。

チャンネル4は今回の動画の狙いについて、
「デジタル時代において先端技術が
偽情報やフェイクニュースの拡散を助長していること」に警鐘を鳴らすためと説明している。


女王役をした女優さんのコメントが以下の記事にあります。

「ディープフェイクで作った『エリザベス女王のクリスマスメッセージ』がテレビで放映される」

エリザベス女王を演じたスティーブンソンさんは
「私はディープフェイク技術に強い魅力を感じています。
私は何年もの間、
テレビで他人になりすますための研究を行ってきましたが、
今では本当に他人になることができます。
女優としてはスリル満点ですが、
これを他の状況でどのように使えるかを考えると恐ろしいことでもあります」とコメントしています。



少しずつ少しずつ本当のことを混ぜて私達に知らせています。
上記のように画像映像は観ただけでは
加工されているかどうかはもう分かりません。
逆に加工だと分かるようなものも、わざわざそうする意味があるからしています。


情報の真偽やその意味を考えるのは楽しいです。
いまや何でもアリですから。



ポチッと応援宜しくお願いしますw


テーマ : 気になること・もの
ジャンル :

コメント

§ 英語

この歌の英語版・・・そっちが本当ですが
歌詞は意味深だよね。
たしか最後に
マイフェアレディと言います

§ Re: 英語

マイフェアレディ
=女王・貴族婦人・人柱になった女性らのことです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 りか

Author: りか

ロッド鑑定いたします
あなたが知りたい事をロッドで解明します。夢や不思議現象、迷っている事などなんでも鑑定いたします。詳細は「鑑定メニュー」「依頼方法」をご覧ください。
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR