FC2ブログ

嘘は言わないが勘違いさせる

正負は嘘は言わないが勘違いさせるようなことを意図することがあります。
マスゴミも堂々と嘘を言ったり勘違いさせるよう仕組みますね。

行政も同じようなことをするなぁということがありました。
雰囲気で分かったつもりになってしまって、やられました~
言葉にして明確にしないといけませんね。
いい経験でした。

ザックリと説明すると
先日まで里子を預かっていたのですが
児童相談所の担当課長との話で
Aの場合:ひと月近く子供を預かることになる。
Bの場合:1週間程度になる。
Aを勧める方針でいるという明確な説明が無く
Aの一部分を匂わせただけだったのでBだと思ってました。

Aとなった(想定よりも預かる期間が延びた)と聞いて
何とかできそうかな、と思っていたら
翌日男児がソファから落っこちそうになったので抱えたら
左肘周辺の筋肉に激痛が走り、力が入らなくなりました。

身体は正直です。
「男児の世話はこれ以上できない」というメッセージでした。
無理をしているつもりは無かったのですけど
(おいおい、やってらんないな。
担当課長とは信頼関係を築けないな)と思ったのが現れちゃいました。

観念して
次の預け先を見つけてもらう連絡をしました。

徐々に腕の痛みは弱まりつつありますが
今でも布巾など絞ると痛みが走りムカつきますww


それにしても男児には申し訳ないことをしました。
折角慣れた環境で家に帰るまで過ごすのがベストだったのに。

男児をみていて「生まれ赤子」について考えていました。
割り切りの良さも生まれ赤子の特徴の一つのようです。
気持ちの切り替えが早いです。

私も預かる期間が長くなることを知ってから
意識をもっとサクサク素早く切り替え割り切っていたら
腕を痛めることも無かったです。


担当課長には説明不足だとクレームとして伝わっています。
Aとなったと聞いた後に
ちょうど民間の里親支援をする第三者から電話を貰い顛末を話したので
当の課長に伝えておくということになりました。

行政は不確かなことは言わないですが
期間延長など考えられる可能性は24時間子を世話する里親にも
事前に知らせておくべきだと思います。
以前の課長も同じ対応だったので
預けてしまえば多少期間が延びても大丈夫と考えているようです。

私は暇じゃないんで大丈夫じゃない里親もいることを分かって欲しいところです。
それでも以前よりもずっと対応が細やかになってきてはいますが
意識というのはそう簡単には変わらないようです。


そうそう
腕の方は医師に診て貰ったらテニス肘ってことで
簡単には治らず数か月かかると言われました。
左腕を全く使わないでいることはできないので
患部の筋肉への負担を軽減させるサポーターを使うことになりました。


子供を預かるだけなんですけど
色々あります。




ポチッと応援宜しくお願いしますw



テーマ : 普通に生きていて起こった出来事たち
ジャンル :

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 りか

Author: りか

ロッド鑑定いたします
あなたが知りたい事をロッドで解明します。夢や不思議現象、迷っている事などなんでも鑑定いたします。詳細は「鑑定メニュー」「依頼方法」をご覧ください。
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR