FC2ブログ

Hさんの不思議体験 2

友人と話しながら歩き始めたら、あの赤い女性のことは忘れてしまった(と思う)。
5分ほど歩いて、バスが通る少し大きい道路に出た。


しばらくすると見通しが良くなり、左手前方のバス停に、2~3人並んでいるのが見えた。
その人たちを視野に捉えながら歩いて行き、バス停の前まで来たその時、
そこに赤い女性がいるのに気付いた。

私はものすごく驚いて、
「あの人、さっきすれ違った人だよね?なんでここにいるの?さっきまでいなかったよね?」
と、友人に聞いていた。
友人も、「さっきの人だ」と気付いたが、
バス停にいることに関しては、「それがどうかしたの?」という反応だった。
その反応に、あれ?とは思ったが、
この時私の頭の中は、女性が「どうやってここに来たのか」でいっぱいになっていた。

さっき、女性が歩いていったカーブミラーの先は、このバス停とは反対方向だ。
あの後、急いで引き返して来たのだろうか?
だとしても・・・。

確かに、私の家の辺りから、バス停のあるこの道路に繋がる道は、
私が知っているだけで3つある。
私たちが通らなかった道を使ったとしても、例えどんなに急いだとしても、
多少なりとも私たちの前後を歩くことになるはず。
私たちは、横道からバス通りに出てきた女性を見ていないし、
前を歩いている女性も見ていない。
ましてや、女性に追い越されてもいない。

私は、自分が歩いてきた景色を思い返した。
バス停のある場所は見通しのいい所にあって、かなり手前からバス停を見ていた。
その時、そこに女性の姿はなかった。
女性に気付いたのは、バス停の前を通り過ぎる瞬間だ。
私たちに気付かれずに、どうやってここに来たんだろう?
単に、私が気付かなかっただけ?
もしかして、他にも道があった?
いろんな可能性が、頭の中を駆け巡った。

赤い女性は、直立不動でバス停にいる。
列の一番後ろ、一人だけ少し離れて立っている。
顔を見ようとしたが、目深にかぶっている帽子が邪魔をして、表情は見えなかった。

このバス停は、この地域の入り口のような感じの所に置かれていて、
ここから道が二手に分かれる。
バスは直進して行き、私たちは川沿いの少し湾曲した道を進んで行く。
川沿いの道の片側には家が並び、もう片方は川が流れているだけで、
視界を遮るものは何もない。
振り返ると、今まで歩いてきた道とバス停を、ほぼ正面に見ることが出来る。
私は何度も振り返って、バス停に並ぶ女性を見た。
こうなったら、バスに乗るかどうかを確認しなければ、と思った。
最終的に、バス停には5~6人が並んでいたと思う。
女性は最後尾にいる。

これ以上進むと、バス停に並ぶ人が見えにくくなるギリギリの所で、バスが来てくれた。
次々と乗り込む姿が、バスの窓越しに見える。
少し遠いけど、あの赤い服なら絶対わかるはず!
だけど・・・あれ?赤い服がバスに乗り込んだ様子がない。見逃した?
慌ててバスの中を探したが、赤い服が見当たらない。
乗らなかったってこと?
バスの周囲も見渡したが、赤い服で歩いている人はどこにもいない。
どうなってるの?

バスが出て行った後のバス停には、誰の姿もなかった。
あの赤い女性は、どこに行ってしまったんだろう。
ただ、疑問だけが残った。


つづく

コメント

§ 続きが

気になるっ!!

§ Re: 続きが

気になるよね~

長いので分けたけど
引っ張りすぎかな?

§ いや、

続きを待ってるドキドキ感もまた楽し♪

§ Re: いや、

なら、よかった~

ありがとう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 りか

Author: りか

ロッド鑑定いたします
あなたが知りたい事をロッドで解明します。夢や不思議現象、迷っている事などなんでも鑑定いたします。詳細は「鑑定メニュー」「依頼方法」をご覧ください。
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR